2008年09月09日

AAMT Meeting で話す

昨日(8日)、AAMT(アジア太平洋機械翻訳協会)のミーティングで椎茸プロジェクトのお話をしてきた。

質疑などを通して気づいた、これまでのまとめ方で弱かったところの簡単なメモ。 

辞書・コーパス・アーカイヴの区別が、言語の実態的な区別でありまた言語認識の理論的な区別でありまた言語記録/メディアの社会的な編成を表したものであることは、OK。

アーカイヴという言葉は要検討。これで押し切ってもよい。

NLの最近の流れ(コーパスベース)から言うと、コーパスのところであらゆる言語単位を扱う。このうち、語彙は辞書へ、歴史的記憶を伴う表現はアーカイヴへと再編成する、というかたちで問題は定義できる。

これを、翻訳者のレファレンス行動から捉えると、単語や熟語などは辞書に排他的に結びつけられているかの感を与えてしまう。

NLの流れの中で、一回性・歴史・具体性・アーカイブ・ラングの実体を出力とするかたちで問題を言語化すること。

翻訳者のレファレンス行動の次にNLの傾向を持ってきて、さらにそれらを重ねることが、説得的なシナリオのために重要。

東京駅で迷って20分遅れてしまった。参加者の皆様、招待してくれたボンドさん、事務局長の内元さん、申し訳ありませんでした。
posted by いんぷうしゃあ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語応用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。