2010年12月20日

イギリスからフランスへ

16日にリーズ着、17日快晴極寒の中、リーズ大学で打合せ。18日早朝3時に起きて4時にリーズブラッドフォード空港に着いたら乗る予定だったリーズ->アムステルダム->パリの便がキャンセルに。

19 日の午後にパリに着く便に振替られたのだけれど、ニュースをチェックしていると英国の天気はかなり不安なので、別途動いていたjet2のパリ行き直行便で 18日のうちにパリへ。一旦キャンセルしたパリのホテルのキャンセルをキャンセルして18日は夕方少しだけれど予定の打合せも実現。19日の英国のニュースやLBAの発着状況をチェックして、イギリスを早めに脱出して本当によかった! としみじみ。

このところ、イギリスとフランスを回ることが何度かあるけれど、どうもフランスに着くと本当にホッとします(イギリスに合計3年いたからイギリスの方が慣れてるはずなのに)。色々なことがきちんとしているし、話がきちんと通じる(言葉、という意味ではなく)。

パリのリヨン駅上にあるレストランでセップのカプチーノを試す。イメージとしてはセップのヴィシソワーズでクリームの層とセップ+野菜(ヴィシソワーズだとジャガイモだけど今回はバジルが強め)の層を別々に、つまりセップ+野菜のスープの上に泡立てたクリームとシナモンを(だからほんとにカプチーノ)。じんこさん、お久しぶりでした。色々とありがとう。

19日は朝からかなりの雪(気温は暖かいのでいわゆるボタ雪)。グルノーブル行きのTGVは時刻通り出発、時刻通りグルノーブルに到着。日曜だけど夕方は少し学生と打合せをして、20日(本日)これからお仕事。

そうそう、グルノーブル駅前の☆☆ホテルHotel des Alpes。見かけは薄暗い感じでまあ何の気取りもない2つ星のホテルなのだけれど、居心地よく、フロントの人も親切でやりやすい。

テレビをつけると主にフランス北部で雪雪雪でCDGも動いていないとか行ったニュースで、明日までに混乱が収まってくれるといいのだけれど。
posted by いんぷうしゃあ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。