2011年03月01日

決して些細でない発見!

発見しました。当然見えていてしかるべきだったのですが、本日、ようやくの発見。

TOILET



TO LET

は、一文字しか違わない!

HOUSE TO LET 貸家
HOUSE TOILET 家便所

TOILET CLEANING SEAT トイレ拭きシート
TO LET, CLEANING SEAT お掃除シート貸します

なんということでしょう。そっくりじゃないですか。

二語と一語だから見つけにくい、というよりもむしろ、TOとLETの「間に挟まる」空白というものの基盤的後景化こそが核心にあるのだろう。

「印刷革命」と言うが、紙の大量生産が可能になる前は、印刷物の流通は本当に限られていた。トイレットペーパーが登場する前はどうしていたのだろう。。。固かったから紐でよかった、トカ。
posted by いんぷうしゃあ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語基礎論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。