2011年06月14日

もうすぐ出版:「放射能は言葉まで汚染するのか?」

3.11後の放射能「安全」報道を読み解く----社会情報リテラシー実践講座』7月上旬に発売になります。

「放射能は言葉まで汚染するのか?」は、版元がつけてくれたコピー。
posted by いんぷうしゃあ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

OpenTM2

posted by いんぷうしゃあ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

赤羽図書館

posted by いんぷうしゃあ at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

2010年06月15日

2010年06月11日

QReditブックマークレット

「みんなの翻訳」では「デスクトップからすぐ使える翻訳環境」を実現する「QReditブックマークレット」を公開しました。

QReditブックマークレット」は、


  1. (まだ登録していない方は)「みんなの翻訳」にユーザ登録をした上で
  2. 上記「ブックマークレット」ページにあるQReditブックマークレットを、お使いのブラウザのブックマークツールバーにドラッグ&ドロップで登録しておけば、
  3. 英語のページを読んでいて、「翻訳したい」と思ったときに、ブラウザのブックマークツールバーにあるボタンをワンクリックするだけで「みんなの翻訳」が提供する総合翻訳支援エディタ「QRedit」が立ち上がり(このとき翻訳範囲を選択して翻訳することもできます)、
  4. これまでと同じように「みんなの翻訳」で公開したり自分用の文書としてセーブすることができる


ものです。

QRedit ブックマークレットにより、ページ単位で改まった翻訳をしたい人だけでなく、自分の好みの分野について英語で情報収集をしていて、見つけた情報の一部だけを個人ブログで翻訳紹介したい人などにも、「みんなの翻訳」と「QRedit」をより気楽に活用していただくことができるようになりました。
posted by いんぷうしゃあ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

インターネットへの政府の規制

インターネットを政府の規制下に置く放送法改正が衆院を通過
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001447.php
posted by いんぷうしゃあ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

都・マンガ規制

都・マンガ規制の問題点を読売新聞が身を呈して実証
http://news.livedoor.com/article/detail/4660859/
posted by いんぷうしゃあ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

カーリル

今、話題らしいです。先週は学会だったため(?)フォローが遅れました。

http://calil.jp/

なかなかかわいいわね。
posted by いんぷうしゃあ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

書評をめぐる名誉毀損刑事裁判

最近、色々面白い人にあったので、小学生と赤ん坊について(馬鹿げた)人間の類型論を書こうと思っていたのですが、その前に、『ヨーロッパ国際法雑誌』から、書評と学問の自由をめぐる問題提起があったので、紹介。原文は↓

http://www.ejil.org/article.php?article=1952&issue=93

簡単に経緯を書くと、

  1. ある本に批判的な書評が専門のサイトに掲載された
  2. 本の著者がサイトの編集者にその書評が色々誤っていて通常の批判の範囲ではないので撤去するよう要望
  3. 編集者は、通常の批判の範囲を越えてはいないので撤去はしないことを理由とともに説明し、書評者に著者の手紙を送ること、著者の手紙を書評と並列で掲載することを提案
  4. 著者は手紙を書評と並列で掲載することを拒否して撤去を要求
  5. 編集者は撤去できないと返信
  6. フランスの刑事法廷に著者がサイトの編集者を訴えた

というものです。

上記リンクの記事は当該の編集者のもの。一方の見解だけを鵜呑みにするわけにも行きませんが、基本的な判断に必要な情報はアクセスできます。記事末尾には、3点ほど、協力の依頼がリストされています。

余談ですが、書評と言えば、昔、共著で書いた本に対して、支離滅裂な書評が出たことがありました。90年代半ばのネット情報探索入門本で懐かしい gopherなんかもまだあった頃、評者はgopherとtelnetの区別も付かず(っていうか、それはまさに書評対象となってた本に書いてたのですが)、gopherを説明しているところで上げたサイトに、(どうやらtelnetでアクセスして)「パスワードを聞かれて途方にくれてしまう」とか書いているの。その一方でネチケット(これも死語ですね)をもっと強調すべきだったとか(確かに読書エチケットも知らない人がかくも多いのならそうだったろうと、妙に納得)。あと、いくつかのサイトを紹介したら、「サイトの許可なしに紹介したのはけしからん」と、サイト当事者とは別の図書館関係者が手紙を書いてきたり。これも図書館関係者というところが笑えます(図書館の公共性を言いながら図書館関係者が平気で「MSWordで提出せよ」というのと同じノリなのでですが、こちらとは違い、リンクしたりアドレス紹介するならサイト責任者の了承をというのは今は昔のことになってしまいました)。懐かしいといえば懐かしい時代でしたね。

さて、上の問題。フランスの法律とも関係しそうなので日本国内だけでこうした問題は起こらないのかもしれませんが、国際論文誌の編集をやっている人は気にした方がよい問題です。
posted by いんぷうしゃあ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

しかしそれだけではない 加藤周一 幽霊と語る

2月27日(土)って今日じゃん・・・より、渋谷シネマ・アンジェリカにて公開、他順次ロードショー、とのこと。詳しくは、ジブリの紹介ページをどうぞ

では、加藤周一が好きかというと、実はそうでもありません。彼は『私にとっての二〇世紀』の中で、

私は『羊の歌』(岩波新書)の中で、幼少期に熱のあったときよく見た夢のことを書いています。ある巨大な車輪のようなものが近づいてきて圧しつぶされそうになる夢です。いつも同じ形で出てきたものだから、たいへん印象深く残っています。
それは、何か合理的な秩序が破壊されたり、目に見えない未知のものがあるということの予感だと思う。

と言うわけです。

巨大な何かに押しつぶされるような夢は少なからぬ人が幼少時に熱を出したとき見ていると思いますが、それはむしろ「合理的な秩序」あるいは制度と呼ぶものそのものの不合理性ではないか、「目に見えない未知のもの」ではなくむしろ目で見ようとするがゆえにそこにあることに気づかず素通りしてしまうような生の直接的なものではないか、と私には思えます。

これはいささか決定的な違いのようで、どうも加藤周一さんのお話しには魅惑されない。

「しかしそれだけではない」。それにもかかわらず、この映画はできるだけ多くの人に見てほしいと思っています。
posted by いんぷうしゃあ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

How much information?

2009年データが公開されました
http://hmi.ucsd.edu/howmuchinfo.php
posted by いんぷうしゃあ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

Google Translator Toolkitに285言語追加

Internet Watchより。

品質とか「翻訳」のツールキットとしてはどうであれ、「何を翻訳するか」の方向性としてはすぐれもの。

といっても、世界には約6000の言語がある(数え方によって大きく違うけど)。
posted by いんぷうしゃあ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

「みんなの翻訳」対応ブラウザ

みんなの翻訳の対応ブラウザが、Firefoxだけから、Safari、Internet Explorer 8、Google Chromeに拡大しました。ただし、IE6やIE7では上手く動きません。

また、MacのFirefoxでバージョンによって見られた日本語入力の問題(変換確定でエンター/リターン・キーを押すと改行が入ってしまう問題)も解消しました。
posted by いんぷうしゃあ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

「みんなの翻訳」日経新聞で紹介

日経新聞9月3日夕刊「ネットナビ」で「みんなの翻訳」が紹介されました。他に紹介されているサイトは、

 ▼ちょー助
 ▼Check*pad
 ▼Hotdocs
 ▼vizoo

など。「ちょー助」は便利に使っている方も多いでしょう。

また、同じ日経の「ネット上の著作権、新ルール普及へ」では、「みんなの翻訳」への言及と、開発チームの一人NICTの内山さんのコメントが掲載されています。

みんなの翻訳」は、三省堂の高品質辞書『グランドコンサイス英和辞典』(36万項目収録)を活用できる翻訳支援エディタを備え、オンライン文書を「翻訳」するだけでなく、ゼミでオンライン文書を読む等の利用にも便利です。どしどし登録し、お使い下さい。

もうすぐ、すべてのメジャーなブラウザに対応します。
posted by いんぷうしゃあ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

アマゾン

『東洋経済』がアマゾン特集。率直に言って、特に目新しいことはないけれど、まとまっているのでそれなりに便利。リーダーズ・ダイジェスト社が破産。
posted by いんぷうしゃあ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

BeyTrans version 2

A collabolative Wiki-based translation-aid environment BEYTrans developed by Dr. Youcef Bey in Grenoble is updated and now version 2 is available. Youcef stayed with us first at NII and then at Library and Information Science Course, Graduate School of Education, University of Tokyo. Good work!

Wikiベースの協調オンライン翻訳支援環境BEYTransの第二版が公開されました。Beyさんはグルノーブル大学で、以前、私がNIIにいたとき、また東大に移ったあと、研究室に滞在し、共同で研究をしてきました。

http://javalig3.imag.fr/beytrans/
posted by いんぷうしゃあ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

Google Translator Toolkit

INTERNET Watchに
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/06/10/23738.html

やはり色々くるなあ。「みんなの翻訳」は普通の意味でのソフトウェア的トラブルを少なくして、IEにも対応して、コミュニティ作りに対応しないと。。。

ところで、「みんなの翻訳」登録者間でメッセージやりとりの機能がつきました。
posted by いんぷうしゃあ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア実践等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。